救急搬送される。

昨夜10時頃より左腰の奥背中よりに鈍痛が始まり、嘔吐も繰り返し、これはあまりに食事制限のやり過ぎか?と思っていたら、今朝になってから我慢できない痛みが続き、遂には救急搬送されることになった。東成区の中本病院を指定したのだが、そこでは例のごとく血液検査、X線撮影、CTスキャン、エコーと激痛の中を検査をされた。採尿は尿意がなく出来なかった。結果、医者の診断は尿道結石とのことで、すぐにでも取り除くためにはうちでは無理だから別の病院に救急搬送するとのことで、痛み止めの座薬を処方された上で、天王寺区の日赤病院に転送された。

日赤病院では紹介状とCDロム入りの映像があったが、採血とX線撮影の結果、痛み止め入りの点滴を処方され、症状は少し落ち着いた。点滴のお陰で尿意も起き、検尿も出来た。日赤の医師の診断では緊急性はなしで、尿管を拡張する薬と水分をたくさん取れば尿と一緒に排泄されるのでその方針で治療するとのこと。痛みはあるはずなので爆弾を抱えた気持ちだろうが経過を見ると言われた。痛み止めの薬を処方され、帰宅したのは午後4時半ごろ。

結論として再発率の高い結石の予防としては水分をたくさん取ること、乳製品と砂糖を減らすこと、植物繊維をたくさん取るのと動物性蛋白質や脂っこいものを避けること、食べ過ぎないこと、などという資料ももらい、半日断食の食事内容となぜかすべて合致している。

明日からも半日断食を続行する予定だ。一日2回救急車に乗ったのは初めてだった。